1446

Ver.1.1.0 F 第1週の対戦環境

by
板尾の嫁
板尾の嫁
気が付けば、アビオンに通い始めて20周年だった。
※アビオン…GiGO難波アビオン
つまりは「アヴァロンの鍵」も稼働から20周年。
英傑大戦とのコラボ、まってます!(^ω^)




■Ver.1.1.0 F 第1週の対戦環境■

毎度のやつです。

とりあえず前Ver.からの下方組として、
ER吉川元春SR鶴見中尉は結構数を減らし、
SR杉元佐一はほぼ見なくなりました。

《不死身の一等卒》の下方は予想通りかなり厳しく、
並の号令相手でも回復が追い付かないこともあるよう。
前2枚も効果時間を削られたのがかなりキツいですが、
まだまだパーツが強いので時折見かけました。

前々回の投稿で触れたようにSR武田信玄も減ったので、
今Ver.の紅の使用率は下がっていくでしょうが、
俄然パーツとしてN飯富虎昌N入江九一などは強力で、
色拘束のないデッキによく出張しています。

 

色で言えば一番使用率を上げているのは碧。
まずは今Ver.の目玉、R井伊直弼《安政の大獄》です。

武力差7を作る強力な陣形で登場初週ということで、
4枚や6枚などいろんな構成を見かけましたが、
とりあえずは江戸・幕末で固めてN清川八郎を入れた
5枚構成が安定していそうです。

移動速度上昇も行かせて後述の弓盛り構成とも戦える
騎兵×2のタイプと松原忠司のものがあります。



このR井伊直弼を相手にして
正面からぶつかれるデッキも主に碧が筆頭で、
ER劉備ER関羽のデッキや↑のSR徳川家康など、
武力差7をものともしない素武力の高さや
武力上昇値の高い全体強化を持つものがいます。



ワラデッキはSR滝川一益が台頭。
《弱体貫通射撃》は効果時間が長く先出が可能。
ステルスも効かない貫通&武力低下効果が強力で、
号令デッキが相手でもダメージのとおりが良いです。

また、SRアシ
の使用率も上がっているようで、
ターゲットへの毒付与は実質固定ダメージ増加。
ラインを上げられる前の兵力削り目的や、
高武力敵部隊への横弓守城を任せたりもします。



蒼はSR平井加尾デッキも増えたと思います。
2.0コスト槍を両端に投げることによって、
陣形であるR井伊直弼では片側しか対処できず、
面を使った攻めを押し付けることができます。

構成としてER明智光秀を入れて使い分ける型や、
今強い高コスト剣豪であるER岡田以蔵を入れて、
ワラとしても戦えるものも見ました。



玄は相変わらずSR長尾政景が一番多く、
ER上杉謙信ER源頼光なども散見される中、
強化されたSR加藤清正も久々に出てきました。

以前も書きましたが最早"全体強化付き剛剣戦法"で、
《刹那の剛剣》(+25)に匹敵する斬撃ボーナスに。
効果時間はそれより長いので3~4回は振り回し、
流派【兵種】弐の型で複数部隊を薙ぎ倒します。

3.0コスト剣豪である本人で斬撃を振りたいがために
攻城力を落とす結果になってしまうので、
そこを補う4枚構成で使う人もいます。



最後に、少し尖った混色デッキとして、
蒼紅2色R兪河デッキが増えたように思います。

陣形でも射程の長い弓兵ならば端攻め対処が可能。
苦手な騎兵に対してもオーラが出ていなければ
集中掃射でみるみる兵力が削れますw
そして何よりER小早川隆景が下方されど余裕で強い!

流派【兵種】をフルに活かしたデッキで面白いです。
※傍から見ている分には

 
作成日時:2022/11/22 00:32
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア