303

負けても負けても、ぐわんばる! 初心者対戦日記 その14

by
裂 友善
裂 友善

 冷え込み厳しい日々が続いてますが、皆さん大戦ライフはいかがでしょうか?自分は最近になって松下村塾2トップデッキが馴染んで来たのと、マッチングが適正になってきた気がし、勝率もちょっこっとだけ上向きました。なので、やる気ホットでございます。



 そんな中で負ける要因として目につくようになったのが守備の不味さ。それがよく表れた一戦をお届けします。


自分のデッキは松下村塾2トップ

伏兵の昌幸を入れることで序盤の守りに厚みが出て、開幕オツが少なくなり安定。計略は使いこなす所までいけてませんが、たまにツボにハマって勝因になったりします。



お相手のデッキは

蒼4枚デッキで一鉄は珍しいところ。我相棒の重忠も今回は敵方です。



開幕·序盤:この対戦の前に久しぶりに勝利、浮かれて戦器貼り間違えるあまりに定番の間抜けっぷり。自分に腹を立てつつ気持ちを立て直して出陣。立ち直ってなくて半兵衛の伏兵忘れるわ、昌幸を踏ませたのは重忠(知6)でやや不満。


張り付き撃破時、城ゲージはそこまで減らなかったのですが、晋作と新庄局が落ちてるのがいただけないですね。守りの時は極力落とさないよう、兵力管理と戦況把握の練度を上げていきたいです




中盤:攻めるターン、士気が満タン近かったので昌幸の計略打って攻め上がり。お相手が妨害の範囲外で上手く一鉄の計略打つも、こちらも合わせて長州大割拠を打って晋作の武力大幅アップ。一鉄を落として張り付き、かなりのリードをとりました。






終盤:相手の重忠·半兵衛の計略コンボの出だしを新庄局の転身でいなすところ迄は良かったのですが、その後の守備が酷い。計略で武力20の重忠に武将を複数乱戦させて無駄に兵力削がれて、その後の一鉄の張り付き計略攻城で守りきれず撤退。その焦りで養由基も乱戦させてしまい落ちる。一鉄に不要な攻城ゲージを与えての微差負けという結果になりました。


新庄局と久坂を反撃に向かわせないで、しっかり守っていたら勝ちきれました。戦況把握もダメダメ。




 ダメな要因は把握出来ているので、そこをしっかり潰していきたいところです。守りの練習は一人だとなかなか難しいところがありますが、群雄伝でわざと攻め込ませてから守ったり、相手計略効果時間を把握しての守備位置の最適化等、カッチカチの守備目指してぐわんばります!
作成日時:2024/02/04 00:03
コメント( 2 )
マスター
マスター
2月5日 7時36分

デッキですが、コスト比武力のカードが1枚も無く号令デッキなのに素武力が低いのがかなり不安になります。
素武力が低いので開幕が辛く、相手に計略の先打ちをあまりしてもらえない状況になりやすく大割拠が使いにくいのが気になります。
昌幸の採用で先打ちしやすい計略を手に入れましたが、武力低下がそもそも大割拠とアンチシナジーなのと大割拠を使うタイミングで相手を妨害陣形の範囲外にする等の操作が必要になって難しくなったと思います。
環境の問題ですが流行の兆しを見せている姜維に対して使える計略が養由基だけなのが今一番不安です。

裂 友善
裂 友善
裂 友善
2月5日 13時5分

>>マスターさん
コメントお待ちしてました。なかなか計略打って貰えないのは石高上がって実感してます。マスターのおっしゃる通り素武力高目(元春好きなので入れてみたい、コスト高いですが)のデッキ練ってみます。あとコメントで閃いたのですが武器戦器で武力上げて、一回でも晋作の城門攻城をいれて取り敢えずリードを取る戦略もありかなと。
昌幸に関しては単独使用か養由基とのコンボで主に守りに使っています。お相手義時だと打ち時結構あります(なかなか先打ちできないですが、汗)。今の義時みたいに姜維も対応出来ればと思ってます。アドバイス活かしてぐわんばります!

マスター
コメントするにはログインが必要です
シェア