1309

ゴールデンカムイコラボ開始 後半

by
板尾の嫁
板尾の嫁
おお!今週木曜は祝日やんけ!!
…なんて言ってたら出張入りそうなので、
下手にフラグは立てないようにしなければ(手遅れ




■ゴールデンカムイコラボ開始 後半■
前回"前半"なんて銘打っていたもんなので、
今日のうちに後半を書かなければ意味がないw
生配信終わってから慌てて帰宅して書いております。




後半は紅の鉄砲2枚と碧の鉄砲1枚。
紅はどちらも初の特技【狙撃】持ち!

こうしてみると今回についてはやはり、
玄の性能がちょっと不遇だったかなと思います。
今後の環境の変化で日の目を見ることに期待!


※例によって漫画原作は知らないため、
 カードの性能だけで感想を書いていきます。




2.5コストで武力7ながら特技がモリモリ3つと、
ER曹操と方向性は同じになっているお方。
計略は2.5コスト以上が武力+4、
2.0コスト以下は+8にする采配型の全体強化。

とりあえず前評判で注目されていることとして、
5枚型のER吉川元春から本体をこちらに差替える話。

全体強化役の自身が鉄砲のためSR無二を前衛に変更。
既に堅いN飯富虎昌SR坂田金時が武力+8されて、
それはそれはもうヤバい軍勢に…
わかりやすい数字の暴力の出来上がりですね。

ただER吉川元春のそれと比較した場合、
兵種が違えど計略が伴わない時の武力9と7の差と、
足並みを揃える必要がある点が若干の不安要素。

もしこのタイプのSR鶴見中尉が流行るなら
本格的にSR久坂玄瑞ER周瑜が増えそうです。




もしかすると初の同名武将となる1枚。
ようは裏面の統一名称が"土方歳三"なので、
ER土方歳三《局中法度》との同時登録は不可能。

碧3枚目の2.0コスト鉄砲は攻めの超絶強化。
スペックは前2枚との差別化で【技巧】持ち。
譲治ボイスを採用するためデッキと相談だ。

計略は射撃と共に斬撃も同時に出せるようになり、
鉄砲の苦手な騎兵への耐性が付くユニークなもの。
ちなみに武力は+5。

鉄砲発射のアクション操作入力後、
射撃の射線と斬撃の範囲が同時に表示され、
斬撃発生→射撃発生の順にアクションが起こります。

どちらかというと射撃より斬撃を当てる要領で出せば、
斬撃ヒット→弾き硬直中に射撃5ヒット となり、
最大ダメージを出せると考えましょう。

注意しておきたいのはあくまで本体は鉄砲隊のため、
斬撃を出したい時もカード前後操作で行います。

うっかり回転操作をしたりしないように!
あとリロードも鉄砲準拠のため斬撃にしては遅め。

色々ふまえてみてみると実は地味な印象w
鉄砲隊ながら近距離で戦うのは新しいですけどもw
士気6はちょっと重いので効果時間が長いのでは?



紅の1.5コスト鉄砲もこれで3枚目。
既存の2枚と比較して特技が【伏兵】【狙撃】と
スペック要員として十分で扱いやすそうです。

計略は武力+3に射程延長と強化版特技【忍】付与。
動画時点で中々の効果時間があるっぽいですし、
隠れられると見つけるのはかなり厄介。
ワラデッキに挿してとりあえず使うのも強そうです。

 
作成日時:2022/11/02 00:17
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア