232

【歴史話2】続き+私自身がなぜ坂本乙女の事を知ったか

by
Qsound_impress
Qsound_impress
◆私事もありますが、もしさしつかえなければお読み頂けると幸いです。

さて、前の投稿でもお伝えしました通り私は坂本乙女(坂本龍馬の姉)をカードに
入れております。カードの裏にあります説明文にもありました通り、歴史上では
男勝りの体格で別名:別名:坂本のお仁王様と呼ばれておりました。現代でいいますと
身長が175センチ、体重が100キロ以上というとても大きな体つきでした。

恐らく竜馬との幼少期の剣術稽古も以外とかなり強気でいったと思います。
何でも泣き虫の竜馬に対して「竜馬、それでもおまえは男か!」といって
励ましの意味も含めていったといわれております。



でも学校が退学となった竜馬に対しても読み書き、読み聞かせを学校の先生の様に
して教えてあげるまさに優しいお母さんの様な人でもありました。

---

さてなぜ坂本乙女を知ったかといいますと
実は私、精神内科で受診し、待合室にありますうつ病について
の冊子(病との付き合い方、接し方、その漫画)を通して
知りました。そのコラムで坂本龍馬と乙女について書かれておりました。

実は私、障害者であります。障害名は、「精神障害者」でもあります。
うつ病は2008年からかかり、現在も治療を続けております。
病名は双極性障害という気分の浮き沈みが激しくなったり
自分自身がうまくいかないとひどく落ち込むという病です。休んでいてても突然襲い掛かるものです。

でも今はいかにしてうまく付き合うかという事が、大切だと思っております。自分のできる事
を通して日々積み重ねる事が大切と思います。

きっと乙女も最初は、不安だったと思います。
「なくなったお母さんになれるのだろうか、竜馬を育てる事が私にはできるのか」不安だらけだった事でもあります。当時、乙女も17歳という若さでした。でもそれでも
才能のあった剣術、学問に関しては誰に教わったかというのは
調べた限りではないですが元々は才能があったと思います。それを
竜馬に伝える事で、自分の出来ることをしたと思います。そして坂本家を通して、この世を
平和にしてほしい願いもあったと思います。

英傑大戦を通して、ふときっと坂本乙女はこの様に竜馬の幸せと同時に平和の実現の
ためにも動いたとも思いました。

という事もありまして、しばらくはカードデッキに
坂本乙女を入れていきます。竜馬も入れたらぜひ
入れたいです。この様なプレイヤーではございますが、ぜひ対戦、そしてCPU戦の武勇伝も着実に進めて
いきたいと思います。どうぞ皆様宜しくお願い致します。
作成日時:2022/11/02 01:35
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア