221

ここはすべての夜明け前 間宮改衣著

by
のうた
のうた
二一二三年十月一日ここは九州地方の山おくもうだれもいないばしょ、いまからわたしがはなすのは、わたしのかぞくのはなしです。ほんとうははなすじゃなくてかくだけど、

ゆう合しゅじゅつを受け身体のほとんどをマシン化し不老不死となった主人公が語る100年間の家族史
徐々に明らかになる状況やかつて主人公が受けていた虐待行為
これらが主人公の独白という体裁でほぼひらがなで語られていく。
なかなかに怖いおはなしでした。



さて新バージョン新カードですね
井伊直政を刷っていつもの安倍晴明デッキのパーツとして投入
うん、まあ強いけど結局安倍晴明しか計略うたないからあんまし新カードの意味ないね
次に服部半蔵を刷って忍び単デッキ
そしたら対戦相手も忍び単デッキ
相手は緋軍から忍び鉄砲と千代女を持ってきてて
忍び鉄砲2隊の集中砲火
いやあ完敗しました。

で初日のあらくれ配信で勝ちまくってた蕭何
印刷してデッキも丸パクリでやってみました。
あ、これ楽チンで勝てる。
ワカラン殺しで渾身反計もガンガン決まるし
これは緊急修正まであるレベルで強いな
しばらく遊んでみるかな 楽チンだし

ワカラン殺しといえば前バージョン最終日、三国志大戦のランカーの方と思われる人に勝てたよ。
香港のランカーさんと同名で英傑大戦がない とかなんとかいうチーム名で通算100勝と勝ちが少なかったから間違いないかと

デッキ相性も良かったし
多分安倍晴明と初めてあたった感じで
上手いことずっと足並み崩させて勝てました。
ただ白兵戦とか上手かったなあ
いつもあたるワシレベルの対戦相手とは全然違う動きでした。

三国志大戦1の最初期 桐たんす君主とあたってボッコボコにされて以来のランカー戦じゃないかな
車輪号令関羽デッキで騎馬単に完敗
当時車輪には騎馬は刺さらない仕様でした。
え!なんで突撃されてるのって思ったから今でも覚えてる

いやあ長い事このゲームやってるなぁ
ジジイの昔語りでした。
作成日時:2024/04/19 01:04
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア