574

2024年 3月の最終戦績

by
板尾の嫁
文士
文士
板尾の嫁
ようやく温まってきました。
気温的にも、仕上がり的にも。(今日負越し
今週末くらいが桜の見頃になるでしょうね~




■2024年 3月の最終戦績■

今月の戦績は↑画像のとおりです。
120戦66勝54敗 勝率55.00%
いろいろあったけど、無事!勝ち越し!

中旬は毎日負け越しでしたし、
今日最終日は4勝8敗でフィニッシュでしたが、
120万石への昇格戦辺りの上振れに救われましたw




使用デッキは前Ver.終盤から使い続けている
SR宇佐美定満採用型《鍾馗の銃弾》デッキ。


~パーツ変更の経緯~
以前の玄緋2色型デッキの内、
ER張春華の対ワントップ機能が大きく下がったのと、
なにより《獲麟》のみでER坂本龍馬SR妙玖に対し
全く守れなかったので、玄のリストを眺め直した結果、
R源頼信の採用を決定。
【羽扇】使われたタイミングで《先行の睨み》×2すれば、
知力-16での重ね掛けが全く怖くなくなるのでw

ここで、今回は2色にする必要ねぇな?ってなったので、
今後の環境を見据え《鍾馗の銃弾》で何も起こせない相手、
SR本願寺顕如に対し戦えるようにとSR宇佐美定満を採用。
武力+9の暴力なら大体の全体強化に競り勝てるやろ~精神。

残り、1.0コスト枠はN大姫を採用。
《鍾馗の銃弾》発動中、射線が確認してから重ね掛けして、
1セットだけ武力21の貫通射撃にするちょい足し技や、
開幕乙系の対応なんかで非常に役立ってます。
~経緯終わり~


現在の全国対戦環境を見てみると、
Tier1クラス  6枚琥軍 SR長曾我部元親 SR本願寺顕如
Tier2クラス ER袁紹 R姜維 SR范蠡
くらいのデッキパワーになっているらしいのですが、
明確に厳しいと思っているのがSR長曾我部元親くらい。
あとはなんやかんやで対応できる手があるし、
SR長曾我部元親自体も今のところ勝ち越せてます。

むしろキツいのはデッキパワー的にメジャーではないものの、
4枚デッキ使いでかなり多い4枚鬼号令デッキ。
SR熊童子が入っていたら討てる手がありませんwww
まぁ負けてる理由は大体デッキでなく自分のせいだよなぁ…



SR范蠡《琥煌の奇計》戦。

前回お話したSR范蠡の位置はしっかり注意してます。
あとはER大久保利通さえ倒してしまえばなんとか。
しかし…SR西施は強いなぁ…orz

 
更新日時:2024/04/01 12:21
(作成日時:2024/03/31 23:06)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア