265

アゲ七日目

by
JAMES
JAMES
あらすじ
負けが込んでついには無意識に勝ち煽りまでしてしまったわたしは、もの好きの友人が勧める八方破を100戦使い、ガッツリ負けて禊をする事になったのでした。
デッキは尼子晴久、鎌田政清、馬超、熊谷直実の4枚。

結果
3勝6敗

感想と課題
あれ、おかしいなとも思ったけれど今までがおかしい。直接的な原因として八方破中に熊谷が事故死したのが3回、本人が発動直後刺さって落ちたのが1回あったのはある。
あと自壊ダメほぼ気にしてないので初めて自壊負けしたけど、あれはどっちにしろそこまで削られてる時点で負けなのでそう変わらない。

士気流派の大型号令、士気流派でない士気6号令は今までひたすらアゲてればそのうちとっちらかってたところで通っていたが、今回は相手に士気があり普通に打ち負けた。返せないタイミングで攻めるべき、までいくと難しすぎるが、返せるタイミングである事は考えるべきだなぁとは思った。八方破れ二連打できるけど相手は号令一回しか打てない、等の状況なら源太の赤青赤で勝てると思われるのでそこ目指すべきとは思う。

そういえば100戦の折り返しまでは来ました。

今日若干凹みましたが、回数ある程度使っているカードとしては自分内部では相当高い勝率です。

いかんな。
作成日時:2024/06/30 22:17
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア