1120

Ver.2.1.0C 第1週の対戦環境

by
板尾の嫁
文士
文士
板尾の嫁
火曜日にウィルス性腸炎で苦しんでました。
「ケツ生」のVer.UP情報感想を投稿できなかったの、
いつぶりなんでしょうかね?

今はお腹の調子も戻ったので、
対戦環境の方はちゃんと書きます。




■Ver.2.1.0C 第1週の対戦環境■
ではいつもの。

今回は流行ったカードの最小限の下方と共に、
いくつかの上方と、SEGAの自社コラボ第2弾、
「CODE OF JOKER」前半3枚が追加され、
対戦環境は結構変わったと思います。



まずは↑のER孫堅 SR武田信玄 ER吉川元春 を筆頭に、
過去流行った武将が上方を受け、増加傾向にあります。

3枚とも0.4c(1秒)の効果時間延長ですが、
この手の大型・撤退・継続回復計略というものは、
僅かでも時間が延びることでコスパが大きく変わるので、
いつも結構慎重に調整されていると思います。

加えて、流行った当時からパーツになるカードが増えており、
構成の幅が広くなっていることもあり、
見かけるデッキも色々バリエーションに富んでいますね。



続いて最も目立っている新しいデッキとして、
新コラボカードの1枚であるSR心眼のナギによる
特殊単5枚デッキが出てきました。

初の時代[特殊]に対応した全体強化計略。
乱戦時に武力+6になり、効果中撤退で復活時間-15秒。
さらには最大士気15まで解放するという大盤振る舞い。
そもそもスペックが凄くいい…難儀な人やでぇ

同色に相性の良いSRディアンヌがいるので、
他から騎兵を引っ張ってくることにより、
↑の編成が現状テンプレートになっているようです。




同じく碧メインで新たにSR斉桓公をよく見ました。

今回で4回目の上方修正を受けた《天斉の霸者
》。
効果時間はSR管仲がいれば素で10.8c続くように。

撤退対象をSR孔子にする構成が出てきたり、
SR徳川家光SR藤堂平助などの優良パーツも登場。
5枚・6枚どちらの編成も見かけました。




コラボ1枚のSR見習い魔導士リーナは蒼待望の、
単体復活計略持ちとしてSR前田慶次ER白起など、 
高コスト槍兵の面々と高相性で良く組んでいますが、
現状一番多いのはSR伍子胥とのコンビでしょう。

元々ボディが強く計略も強かったところからの上方修正。
号令デッキでのライン上げに一役買ってくれている上に、
《リバイヴ》で戦場に居座り続ける選択肢も増えました。




騎兵単デッキは緋のSR武田信玄型やSR鄧艾型、
紫のSR浅井長政型など種類も使用率も増加気味ですが、
前Ver.中期辺りからER源義経の玄騎兵単が増えました。

玄待望だった速度上昇計略持ちのR公孫瓚を、
騎兵単ゆえに高効率で使えることと、
牽制・守城で輝くSR李牧の《流動》。
なにより《朔陣の修羅》で高武力&高火力を出せるため、
火力だけでなく乱戦でも競り勝てるパワーがあり、
非常にバランスの良い構成になっていると思います。



その他、緋はR項梁の数が激減し紫のSR安倍晴明は一応存続。
無修正だったSR張郃と組んだ構成も出てきました。
ER韓信は0.4cだけ効果時間を下方されたものの、
SR張良の効果時間が延長されプラスマイナスゼロの印象。
琥ではSR島津豊久のワラバラ系デッキが継続しています。

 
作成日時:2024/06/23 23:22
カテゴリ
デッキ全般
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア