656

雑記:那須明神

by
王桃盗賊団
文士
文士
王桃盗賊団
どうも、王桃盗賊団の者です🍑



さて本日は久々に真面目なカード紹介と参ります😎
今日のテーマはこの子です👇🏻

ドリフターズより那須資隆与一です🏹
平均的なスペックながら、では唯一武力7と技巧を併せ持つ2.0コス弓兵となっています

計略は、皆さんケツ生で見て驚かれたでしょう、光の矢です💥

威力自体はドリヨンのドローショットより低いものの、連射速度が高い上に射程無限の強みがあり、なかなか面白い計略ですね👍






ところでこの計略、説明文中には「向いている方向に」と書いてあります🤔
これ、同じ事を言っているカードが他にもありますね

慶次/清正/キングの3名はいわゆる投擲で、北畠は月牙天衝、弾突牛金に対しては向いている方向への強制移動が掛かります💨
そして顕如は盾を発生させ、義連は飛翔します🐦



しかし、実は上図の内牛金までの6人と後ろの2人では、厳密に言うと少し「向いている方向」の意味が違います🤔

まず牛金までの6人が言う「向いている方向」とはゲーム画面上の部隊の進行方向を指しています☝
擲槍のやり方として「投げたい方向の先にカードを置いて回す」という手段がありますが、これは部隊の進行方向を参照している為にできる芸当です👌

一方で顕如義連盤上のカードの頭が向いている先に盾・範囲を発生させます🙄
これは妨害計略火計を想像して頂ければ分かりやすいかと思います🔥
ちなみに収まりきらなかったのですが八重さんもカード頭タイプのようです



じゃあ与一はどっちなのか?というと実は後者です🧐
計略使用後に前へ向かって放り投げても、カードが横を向いていれば横に射出します

なので実際計略を使用する際は微細にカードの向きを変えて狙いを定める必要があり、結構繊細なカードとなっています💦
慣れれば強いと思いますが、慣れるまでが結構大変ですね






また、もうひとつ注意すべき点として矢の当たり判定問題があります🎯
どうやら矢の射出時に与一自身と重なるように当たり判定があるらしく、射出方向の逆側から敵部隊に乱戦されているとそちらに当たりが吸収されます🙄
本人が動けなくなる事もあって乱戦ローテされると矢が飛ばずに終わる事もあるので注意しましょう⚠️



というわけで与一くんの紹介でした🙇‍♀️
色々難しいカードですが、是非使いこなしてみてくださいませ

今回は以上‼️
作成日時:2024/05/20 23:15
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア