660

最近の勝率の良さの要因について

by
KEN
KEN






百十万石クラスで直近結構勝てています。全勝は出来ないけど、負けが1個で終わるとかが多いですね。



デッキは勿論変更していません。プロフィールにあるいつものデッキです。



でも戦略的に明確に変わったものが一つありまして…こちらです。





試しに使ってみたら、これすごく良いです。



御存知の通り知力を4下げる戦器なんですが、これを使用すると普段幸隆で焼けない連中も確殺ラインまで下げる事が出来るのでホントスグレモノなんですよ。



因みに真田幸隆の確殺ラインは知力2。相手がそれまでどんなに兵力を真っ白にしていても倒せます。



…とまぁ海国兵談のシステム上での強さの話は置いといて、コレのもう1つ強いと思う点をお伝えします。




それは相手が海国兵談の可能性をあまり考えていない方が多い、という点ですね。ナチュラルステルス戦器です。



確かに真田幸隆が入っていると対戦相手様の多くは部隊流派を選択されます。でもそれで安心してはダメ。




私は流派で知力を上げられても、こちらが海国兵談を使用した場合、相手のキーカードが確殺出来る、もしくはミリまで削れる知力になるか…までを計算しています。



例えば相手のキーカードの知力が4の場合、部隊流派で知力を上げられたら6になりますが、こちらが海国兵談を使えば2になります。「おお、焼けるじゃあないか」となるワケです。



勿論こちらが海国兵談かも…という事を警戒して、普段使用しない軍配なんか持ち込んで来る方達がいますが、そういう人達はよく使い所を間違えてくれるんです。茶碗とか鎧とかと…そこに付け込んで勝てた試合もザラにあります。




あともう1つの要因。蕭何の存在です。



話題の琥と紫の弓盛りデッキ、ありますよね?



戦略的に真田幸隆で焼く様に心掛けたら、勝てる様になりました。



蕭何のデッキの場合、相手が軍配を持ち込んでもあまり関係ないですね。




何せ蕭何使いの方は陣から頑なに出ようとしない。そこに付け込ませていただいております。





こんな風にしっかり焼け野原で塗っても継続回復すると信じて出ようとしないんですよね。



ですが当然ながら幸隆の継続ダメージの方が上です。



戦略を変えた後、この蕭何入りの弓盛りデッキと7回位当たりましたが、勝率100%です。




今後の下方で蕭何はどうなるか分かりませんが、我がデッキではお客様だと気付きましたのでそんなに下方されなくてもどんと来い、です。
作成日時:2024/05/09 19:03
コメント( 3 )
楊狐
文士
文士
楊狐
5月9日 20時40分

これは妙案ですな!
陣形の中でダメージ与えるという発想はなかったです。
志村新八でツッコミ入れようとか考えていました(陣形からでると武力リセットされるので)

KEN
混沌の久秀♪
混沌の久秀♪
5月9日 21時25分

真田幸隆が2.5コスなら…今バージョン真っ先に採用していたのにぃ…( ;∀;)

KEN
KEN
KEN
5月10日 9時59分

楊狐さん

陣の外に引っ張り出すという事でしたら、新しく追加された方の山本勘助なんかもいいかもですね!ただし、引っ張り出す前に勘助の兵力が保つかどうかは課題ですが(;´∀`)

混沌の久秀♪さん

採用しても混沌さんのデッキに入れようものなら8.5コスになっちゃいますもんね(;´Д`)
幸隆が2.5コスならもっと使用率上がっていたでしょうね!

楊狐
混沌の久秀♪
コメントするにはログインが必要です
シェア