923

雑記:メガネショタ

by
王桃盗賊団
文士
文士
王桃盗賊団
どうも、王桃盗賊団の者です🍑



さて戦祭りも本日で終了となったわけですが…
今回の戦祭りでは射撃回数100回というミッションがあり、皆さん色々な鉄砲隊に触れたかと思います✋

ちなみに私は1戦で射撃99回という珍現象を発生させ、次戦で1射だけして引くという調整をしました🥴



んでそこから無理矢理話を繋げますが、第2弾-1で登場した鉄砲隊の中にとてもかわいいのがいます

そう、山田くんです🤗
益次郎くんの弟子、つまりショタ師弟というとんでもなくオイシイ設定ですね🥰
メガネショタというのも英傑では新しい属性です👓



そんなかわいいYAMADAですが、スペック的には師匠と同じく典型的な軍師タイプで、あちらとの違いは特技が防柵であるという点です🛡
計略対象である幕末時代区分は久坂/周布/雅楽など柵持ちが多く、鉄壁の守りを組みやすいのが特徴ですので、そこの一員として役立ちそうです

計略は幕末区分を対象とする全体強化で、士気5で武力+2移動速度1.3倍約15c与える効果となっています💨
三国志大戦における傅嘏と同じような効果です

ネズミがかわいいですね🐭
この傅嘏は覚醒軸デッキにおいて準備段階に使う計略、特に準備の最終段階で使用してフィニッシャーへコンボする計略としてそこそこ活躍しました💥



英傑では漢鳴覚醒日輪のような、いわゆる完全プランニング型の計略カテゴリは今のところ存在しないので、山田くんのような爆発力の低い計略はあまり必要ないようにも思えます🤔
しかし、彼の真骨頂は弓兵が刺さらないギリギリの速度を15c維持できるという点です💪

これは部隊の復活時間よりも長いので、例えば雅楽の復活待ちにバックした分の士気で使い、逃げ回ってお茶を濁す…というような使い方もできますね✌️
またはより効果時間が長い点を活かしてコンボし、礎発動直後の展開や礎終了後の退却をしやすくする…という立ち回りも可能です

いずれにせよ、サブ計略としては非常に優秀なカードであると言えますね✨






問題は、武力1の鉄砲隊が戦闘に寄与する割合が凄まじく低いという点です🥺
特にを相手すると、武力1鉄砲隊の射撃は「兵力減ってなくない?」と感じる程です😇

なんと言うか…
正直なところ、産まれてくるタイミングを間違えたカードという印象が拭えません💦

幕末、特にの幕末には先制打撃を与えられる超絶強化が少ない上に総武力も低くなりがちで、更に操作難度の高い兵種が集まる事になります🤔
なので防柵などもフル活用し、丁寧な立ち回りを心掛けたいですね😎






というわけで山田くんの紹介でした🙇‍♀️

諸々テクニカルなカードですが、かわいいので是非とも使いこなしたいところですね🥰
個人的に、英傑は様々な属性のショタがいるので貢ぎ先に困らないのがいい点だと思います👍

今回は以上‼️
作成日時:2023/01/22 23:08
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 2 )
マスター
マスター
1月23日 7時34分

山田くんが活躍するには緋の幕末槍に2コストの選択肢が欲しいですね。
前原と組み合わせて使うにしても稔麿だと総武力が...
現状だと周布や来島の意地計略で相手を逃がさないようにする速度上昇が相性いい位ですかね。

王桃盗賊団
王桃盗賊団
文士
文士
王桃盗賊団
1月23日 8時24分

>マスターさん
現状ではどうしても武力問題が足を引っ張る形となるので、やはり混色前提で組むのが良さそうな気もしますね🤔
いっそ超速亀弥太を爆誕させたりした方が面白そうではあります🐢💨

マスター
コメントするにはログインが必要です
シェア