142

下手くそだけど騎兵単で頑張る【11/20】

by
まじしゃん
まじしゃん
ドーモ、本日50歳になった『まじしゃん』です。

自分の住むマッドシティは市議会議員選挙だったので、投票に行ってから昼ごはんついでに大戦してきました。
デッキは変わらず玄軍4枚騎兵単です。


























3戦して2勝1敗、正六位上に昇格しました。おそらく今回のバージョンアップにあった、『マッチングリーグの調整』とやらのおかげかな?と...まあ直ぐに降格するでしょう。

1戦目 勝














出ましたよ俺の嫌いな剣豪単...ではないけれど、ほとんど剣豪単じゃん。過去に剣豪単とマッチして、斬撃喰らいまくりで突撃できなくて詰んだ経験があったので、かなり苦手意識があります。しかも今回のバージョンアップで情報調整された近藤と松原いるじゃん...。展開はやはり謙信と近藤の撃ち合い、上昇武力値はこちらが上だけど斬撃がある分不利かな?と思っています。こちらが有利なのは機動力くらい(と思いこんでいる)なので、最後の攻防で回り込んで強引に城ゲージ削ってそのまま時間切れまで粘りきりました。

2戦目 負














あちらも毘沙門天の陣デッキですが槍が2枚いる時点で不利ですね、はい、見事に0-100の落城負けです。相手の城ゲージを1ミリも削れませんでした。

3戦目 勝














はい、もう何が言いたいか解りますね、もう見た瞬間「詰んだ...」とつぶやきましたよ。結果落城勝利できたものの、相手が手を抜いていたのではないかと思っています。なぜなら途中張飛か白井の計略使われていたらこっちが不利になっていた場面があったからです。もちろん相手がこのデッキを使い慣れていない可能性もありますが...俺は張飛や白井の計略を使ったことがないので、範囲外だったのか士気が足りなかったのか判断できないですけどね。
 
更新日時:2022/11/20 21:44
(作成日時:2022/11/20 20:45)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア