209

山形キャラバンの後で

by
ホッピー
文士
文士
ホッピー
英傑大戦キャラバンin山形から一夜明け、朝早くコインランドリーに向かう途中、町中でこんな看板を見つけました。


山形城跡かぁ…最上義光ってなんか聞いたことある名前だなぁ…
駅の反対側だしなぁ…でも割と時間あるしなぁ…


よし、見に行こう



ということでやって来ました山形城跡。

当時の石垣等を残しつつ公園として利用されているようで、特に入場料等は必要ありませんでした。






最上義光の時代に城の基礎が作られ、江戸時代に入ってから鳥居忠政の時代に改修がなされたとのこと。
枡形については以前今治城で藤堂高虎が初めて採用したと学びましたが、今治城の築城は1602年から。
鳥居忠政の時代に枡形になったのか、枡形の思想自体は前からあって広まったきっかけが今治城なのか、
城ビギナーにとっては謎が深まるばかりです。



最上義光の像

最上義光は英傑大戦ではまだ実装されていないですが、戦国大戦ではこんな感じだったようですね↓



(戦国大戦公式サイトより)

イラストレーターは奇しくも山形キャラバンにゲストで参加していた西野幸治さん、もしやこれも狙っていたのか?
今後実装されるとしたらスペックはもちろんのこと、イラストレーターはどうなるのかも気になりますね。




現在の地図と重ね合わせた地図と石垣の図、結構大規模な城だったんですね。


堀に沿って走る線路、これはこれで風情があります。


といったところで山形城跡でした。


そして昨日取り損ねた山形の士の称号をゲット。


ひと通りやることをやって山形を離れるのでした。
このあとはまた別の所にも行くのですが、そちらは長くなるのでまた明日。
作成日時:2024/05/28 20:46
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア