397

ひさしぶりにたくさんやれたんですが…

by
N-Ash
文士
文士
N-Ash
こんにちは😊

今回は金曜日にまとまった時間が取れたので、ひさしぶりにたくさんやるぞー!と思ってゲーセン行ってきました😁
全部全国対戦で9試合。
使ったデッキは変わらず。

本当はもっと時間があったんですが、3試合やった時点でストレートに3連敗。ボロ負けは少なく惜しい試合が多いもののなんというか序盤にうっかり乱戦外れて入ってしまった城ダメ差で負けたりフワッとしたミスが多く、最近ではあまりなかった最悪な流れだったのでひと息入れるか…とジュースを買いに行って戻ってきたら台が埋まっていました。ついでにちょうどアーセナルベースのUTブースターが補充されていたので、とりあえず英傑の台が空くまでアーセナルベースのブースター掘って時間を潰すことに😑
3時間ぐらい待ってようやく英傑が空いてきたので全国対戦再開。

…最初の3連敗に続いてさらにストレートに3敗して連敗が6に😣
とはいえ、幸隆さんの火計であっさり事故ったケニア戦が1試合あったものの、それ以外は相変わらず惜しい試合が多くて細かいミスでの負けが続きました。ただ、この日は最近当たった比較的相性の良いお相手が続いたのとは打って変わって紫式部さんから始まり、帰ってきた大久保さんの琥軍、ハンジさんと尉繚さんのワラ、韓信さん&張良さん、幸隆さん・介子推さん・豊久さんのケニア、義弘さん&お鍋さん、と最近あまり見かけなかった割と相性悪めなデッキ多数。バージョン変わってしばらく経ったのでちょっと変わってきたのでしょうか?🤔

とりあえず2セット勝ち無しということで、このままダラダラ続けるのは良くないと判断。次の1セットで今日は絶対やめると決めました。
基本的にいつも次にゲーセン行くまでのモチベーションを考えて最後は勝ち試合で帰ることにしているので、万が一全敗したらひさしぶりにベッコリヘコんだまま数日過ごす羽目になります🥺


背水の陣で臨んだ最初の試合はこの日すでに6連敗中でしたが、いつものデッキを諦めず使用しました。


お相手は、

ひさしぶりに土方さんが襲来。
試合は開幕2枚重ねられた伏兵2枚をよりによって文鴦さんが踏んで1発退場してしまうという最悪のスタートでした😣
そのまま攻め込まれてリードを奪われてのカウンターは速さを重視して兵力が万全ではなかった謙信さんで強引にラインを上げて毘沙門天を使ったのが裏目に出て王平さんの神槍の極意だけで守られてしまいました。
直後のお相手のカウンターは何がなんでも西施さんの誘惑(🗡️無し)の士気4だけで守り切らないと最後の攻めに使える計略が毘沙門天か三鼓之勇1回だけになってしまうので気合いで守るしかない状況になりました😰
土方さん撃たれたら終わる…!と思っていたんですが、お相手の選択は家茂さんの将軍の号令。お相手はこちらが4枚デッキなのを考えて土方さんで枚数減らすのは避け、ここで堅実に城ダメージを取って残りは城塞流派3で手堅く勝つことを選んだようです。
しかし、それなら西施さんの誘惑に謙信さんと文鴦さんの武力があれば耐えられるのでなんとか逆転のチャンスが残りました。
体勢を整えてこちらの最後の攻め。
当然毘沙門天で行くと見せ掛けて、意表を突いた文鴦さんの三鼓之勇+戦器赤兎馬発動!
謙信さんが左、武力22の文鴦さんが中央、賈充さんが右と散開して城に張り付くとお相手はとにかく文鴦さんだけ止めれば勝ちだと判断して土方さんで武力を文鴦さんと並ぶまで高めて乱戦。しかし、赤兎馬と計略で速度がめちゃくちゃ上がっているので乱戦外してガリガリ槍撃。お相手の部隊をみるみる撃破しながら謙信さんと賈充さんが攻城連打。
一気に城ゲージ差16%リードの逆転に成功しました。
負けている軍は当然一発逆転を狙って高コスト槍を張り付けると思わせておいて攻城は騎馬に任せて剛槍で出て来た敵を倒して攻城を稼ぐという文鴦さんにしか出来ない奇策です😆
お相手は城塞流派3の10%だけでは足らなくなった為、最後の望みを賭けて戦器再起から全軍前進。
しかし、赤兎馬剛槍でほぼ一方的に攻撃だけしていた文鴦さんはまだ兵力が50%ほど残っていたので相手陣内で再度三鼓之勇で敵軍の前に立ち塞がります。
最後は近付いてくるお相手の部隊を剛槍で次々と薙ぎ払い試合終了。
結果的にこちらの最後の攻めの直前に来たお相手の攻めが勝負を決めに来るのではなく堅実な勝ちを選んでくれたことが大きかったので、もしお相手が城塞流派を選んでいなかったら危なかったですね。良い試合でした☺️

とりあえずいつものデッキは良いイメージの勝ち方が出来たのでここで終了。残り2試合は環境の変化に対応する為、違うデッキを試しました。


次に使ったデッキは、

以前やろうと思って用意していた朱儁さん入りの紫軍との連合軍です。
朱儁さんか夏姫さんで守って士気を節約しつつ、攻めには毘沙門天で豪快に行くコンセプトのデッキです。
謙信さんは朱儁さんの号令には入れませんが、元々武力11あるので守るだけならなんとかなるはず🤔

お相手は、

初めて当たりました。忍び号令ですね。
忍槍3人もいて範囲が戦場全体の忍び号令、しかも枚数も負けているというおそらく最悪の相性のお相手でした。
この試合は終始忍槍と見えない端攻めの対応に苦慮させられて予想通り最悪な内容でした。このお相手では朱儁さんが全然活かせません🥺
よりによって朱儁さんにしたら忍槍3本とか…文鴦さんだったらここまでキツくなかったのに😢
ただ、後からよく考えたら忍び号令を活かしてこちらの毘沙門天を封じる為にお相手は常に広がっていたので、孤立している半蔵さんにひたすら勘助さんで挑発かけて倒していれば、他の武将の攻城力大したことないのでワンチャンあったと気付きました。
やはり、諦めたらそこで戦終了ですね。もっと考えるべきでした😥


次を最後と決めていたので、やはりその日最後の試合は勝って気分良く家路に着きたいということで勝ちに行くデッキを考えました。

いつものデッキの文鴦さんのところをこの日やっとゲットしたお豊さんに代え、余った0.5コストで賈充さんを呂布ちゃんに変更。
開幕武力11・9気合い・9気合いの脳筋ケニアに伏兵のコスト1.0の弓がおまけで付いてくる超お得なデッキです😆(落雷とかはともかく火計が来たらかなりキツい😅)
総知力が18しかない蛮族デッキ。まあ軍神に狂奔に呂布という戦闘狂のヤベー奴らが開幕からグイグイ首狩りに行きます😅
この脳筋バーサーカー達に振り回される西施さんは足が太いサポーターポジションということで😘

お相手は、

同じドリフターズから晴明さん率いる紫デッキでした。
ウチとは真逆な非常にバランスの良いデッキですね。
お豊さんと晴明さんの性格が反映されたような両極端な対決に😊

お相手に伏兵がいなかったのもあり、この試合は開幕こちらのパワーでリードを奪うと士気が溜まり次第即お豊さんの狂奔発動。
コレ、縮地のおかげで瞬間的に騎馬より速くなるのに槍撃ダメージまで上がって効果時間も長いとかスゴ過ぎません?😅
直後に使われた晴明さんの号令も撃つ前のライン上げてる最中に無理矢理敵陣に飛び込んで勝山さん落として皇甫嵩さんも戦場中央で強引に撤退寸前まで追い込んだせいで早めに撃たせられたので結局狂奔だけで守れたし、高コスト槍のくせに敵陣のど真ん中に飛び込んで無理攻めしても平然と帰って来るし薩摩兵子怖すぎ。まさに漫画同様こんな感じです😨

確かにコレと比べられたら文鴦さん弱いって言われても反論出来ない…🥺
この試合は結局最後まで狂奔で荒らしまくって勝ったという印象です。
とはいえ、この日最後の試合はいつも通り勝利で終われて良かったですね😊

まあ、この日はいきなり6連敗スタートからの最終的に2勝7敗とひさしぶりに大敗しましたが、最後の1セットだけなら2勝1敗ですし、持ち直した形で終われたので良かったと思います。
今の階級ならまだこの勝率でも石高ちょっと上がりますしね☺️

今回最後に1試合だけ文鴦さんの代わりに豊久さん使ってみましたが、単純な比較では正直文鴦さんより強いと思います。
ただ、計略で城ダメ取れる文鴦さんは敵部隊を取れる場面や守城の際にはやはり強いですし、豊久さんは素早く敵を撃破するのには向いていない荒らし専門といった感じなので役割が違うから使い分けは出来る範囲ですね🤔
同じく1試合だけ試した朱儁さんはそのたった1試合でよりによって忍槍3人入ったデッキを引き当てたので、不吉だから封印します。あんな相性の試合はもう二度としとうない😢


ちなみにまた英魂の3つ揃いが出来ました🥰

今回は武器の弓弓弓です。これがあれば雷上動に付けて弓盛りデッキが出来ますね。こっそり卜部さんに付けて無茶苦茶嫌がらせするのもアリかも。ぐふふ…😏


とりあえずスタンプは前半のカードは全部ゲット出来たし、水曜日からまた後半のスタンプが始まるので楽しみですね。
後半はみんな強そうですし😊


対戦していただいたプレイヤーさんありがとうございました☺️
また当たったらよろしくお願いします😊
更新日時:2024/05/26 19:20
(作成日時:2024/05/26 14:22)
カテゴリ
日記動画
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア