588

歴史話:八重さんの銃

by
王桃盗賊団
文士
文士
王桃盗賊団
どうも、王桃盗賊団の者です🍑



先日ようやっと八重さんを入手しました🤗

評判通りなかなか強いですね💪
機動力の低い相手だと一方的に撃ち倒す事ができます💥






ところでそんな八重さんの愛銃と言えば、フレーバーテキストでも書かれているスペンサー銃、厳密に言えばスペンサーカービンですね🔫


当然ながら国内製ではなくアメリカ製です🇺🇸
兄の山本覚馬から贈られた物で、会津若松城での薩摩軍との戦闘では大山巌に傷を負わせた銃としても有名ですね



この銃の特徴はレバーアクション方式(底碪式)を採用している点です👍
これはトリガーガードを兼ねたレバーを操作する事で排莢・再装填ができるという物で、後の時代のウィンチェスターライフルでも有名な機構ですね✨
更にストックが弾倉となっている後装式で7発まで装弾できた事も合わさって連射性能が非常に高く、旧来の前装式が毎分2,3発程しか撃てないのに対して毎分20発以上という高レートを叩き出す事ができました

まだエンフィールド銃が現役だった幕末当時、これらの機構による高い速射性は脅威となった事でしょう💪
ただし専用の弾を使用する事から輸入コストが高く、当時の日本では銃そのものの購入は勿論、維持・運用費用も高い代物だったようです🥴



ちなみに、漫画ゴールデンカムイにおいて少年時代の尾形が使用しているのもこの銃だと思われます

おそらくは八重さんと同じく22インチのカービンモデルでしょう






英傑大戦のイラストでは、こうした武器の表現も結構丁寧に行われています✨
以前お話しした勾践越王勾践剣など、再現性は非常に高いです⚔️
開発運営およびイラストレーターさん達の緻密なキャラ造形が窺えますね

皆さんも、カードイラストを見て気になる武器などありましたら是非調べてみてくださいませ😎

今回は以上‼️
作成日時:2024/05/10 00:38
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア