365

闔閭でデッキを組んでみる

by
喬瑁
喬瑁
皆様お疲れ様です。
さて、前回まではSR直江兼続のデッキを考え、それを使って対戦をしていたわけですが
対戦成績的には微妙に負け越しという本来の私そのものの成績は収めていたものの、
「そうそう、これこれ!」といった会心の勝ち方をしたことが1回もありませんでした。
いっそのことSR趙雲とのコンボ前提で動くためにデッキをいじったり、こないだ挙げたER上杉謙信と組んで武力でごり押したりしてみたのですが
ちょっと何か足らない感じ。行けそうで行けない。パワーが少し足りない。といった印象で終わりました。

とにかくいったんお蔵入りして、新カードを揃えてからもう一度トライしてみようと思います。

さて、それでは本題ですが、今回は新しく引けたカードからR闔閭でデッキを組んでみたいと思います。

闔閭は気にはなっていたのですが、実はうまくデッキを組める自信はあまりありませんでした。
といいますのも、この闔閭の計略「両雄を統べる者」は私個人的に「槍+遠距離兵種」にかけると効果的という印象だったからです。
計略の効果としては「自分以外の2部隊強化。武力の高いほうには武力+ダメージ速度アップ、知力の高いほうには知力+知力ダメージ効果付与、ただし1体だけにかかると効果が弱くなる」といったものです。
騎馬兵強化として使用するビジョンが湧かなかったので、どうかなぁと思っていました。

できれば新カードであるSR伍子胥と組んでみたいという気持ちがあったのですが、SR伍子胥はいまだ引けていないので
とりあえず手持ちの旧カードから似たようなセットを考え、組んでみたデッキがこちらになります。



断金デッキになっちゃった。
この先頭にいる徐夫人がちょっとしたキーカードになっていて
徐夫人の計略が「範囲内の最高コスト武将の知力を下げ移動速度を落とす陣形」なので、これが闔閭の計略とマッチしそうだなと感じました。
羌瘣は完全に1.5コストで自分が持っている蒼勢力の剣豪で一番使いやすそうだというだけで選んでます。

ちなみに1戦だけ戦ってきて一応勝利できてますが、まだこれもスパッとは勝ててないので、もう少し試してみようかなぁと思っています。
更新日時:2024/05/01 07:12
(作成日時:2024/04/30 22:40)
カテゴリ
蒼軍デッキ
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア