573

雑談:開幕に周瑜を端攻めすると割と通るよねの話

by
伏龍殿の覇者
伏龍殿の覇者

こんなデッキがあったとします。
なんとなく開幕に右、左、中央に槍と剣豪をおいて前に出して争覇を取ったりしたそうですね。
けれど相手に周瑜がいると、伏兵のダメージは知力3倍で確殺となってしまうので、ミカサと信は端に…もとい一番前方には置きづらくなってしまいます

では誰が踏むかと言えば、元親が踏めるのがベターな気がします。知力が最も高く、更に馬なので伏兵を踏んでも絶対に生きて帰れるでしょう。

それを念頭に、元親は右端と左端にいるべきでしょうか?「運が良ければ」最も効率が良さそうに思えます。
ですが逆端にいた時は裏目というやつで、代わりに誰かが踏むことになります。その場合は水心が良さそうです。そしてそれでも、そっちサイドは兵力の減った水心+馬が逆サイドという条件になるので強力な遠距離兵種でもある周瑜側が有利な印象です。


で…あるならば…
最初から真ん中に高めの知力の武将をおいて探りつつ前に進んでも良いんじゃないか?という考えもありそうです。
いなければ周瑜側は25コスト落ちで戦うことになりそうですし、いても馬が踏んでそのまま中央を突破できるだけの武将を集めています。

上記に限った話ではありませんが、デッキに1枚くらいは知力4くらいのキー武将が入っていてとりあえずこいつだけは踏ませたくない……という時に、右、左、中央の全面をケアしながら前に進むタイプの人と、どこかに寄せて前に進む人と、プレイヤーによって対応は分かれるようです。

この対処に(おそらくは)正解はないのでしょう(あるとするならばキチンと高知力の馬で踏んで帰るまでは前に出ないとかでしょうか?)、そもそも高知力の伏兵がいるのですから一定に伏兵側が有利となります。
キチンとした対処をするにしろ、他の武将が絡んでくれば高知力の武将は武力が低いことも多く、兵力が減ってその上に伏兵を踏んで死んでしまったりします。

そして…目をつぶってどこか1点に武将を集めて前に進むとき……周瑜はこっそりと貴方の城に張り付いているのです…






ホキ
・伏兵で追う、当てに行く展開は大体負けです。伏兵はそういう風にはできていません。伏せた場所に兵が来る、または奇襲するのが伏兵です。

・25コストスルーして殴りに来る、周瑜も端に着く、それでもって城ゲージはトントンという展開があります。これは流派によって有利不利が分かれる印象で、城塞で殴り合うのはコンセプトと一致していないように思います。士気流派の場合、士気流派3が早く点灯するのは加速度的に有利になるため、極論お互いの城ゲージが5割同士から初めて士気流派3が付いているというのは得しているように思います。

・端を攻める時に中央に柵があることは重要です。周瑜が着くまでの時間を稼ぎ、大ダメージを防ぎ、火計での戦いを有利にします。城が4割取られるのは周瑜が4割取るので良いですが、柵を割られると相手は火計に対して自由に動き始めます。そのため頑張って守る方が良いように考えています。

 
作成日時:2024/01/29 12:04
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 1 )
tetukyojin1
tetukyojin1
1月29日 13時2分

伏兵状態でも争覇ゲージは変動するので、もし自陣に敵部隊がいないのに敵の争覇ゲージが溜まっていたら、自陣側に周瑜が迫っている目安になりますね

八兵衛
コメントするにはログインが必要です
シェア