334

デッキ変遷日記

by
白犬
白犬
こんにちわ、スーパーお久しぶりです。

仕事忙しくて当分大戦組に出入りしてなかったのですが、久しぶりに書き込みです。

今回は今使ってるデッキ語りです。

六剣バージョンで新カード追加になり、ランクリセットもありそれまで使っていた長井雅楽+前原一誠デッキから変えてみよう!と思いたちました。
新カード何刷るかなーと考えて、とりあえず一枚あれば他は既存カードで良さそうな島津義弘をメインに決めました。
戦国大戦プレイヤーとしてはチェストー!が懐かしかったのもあります。

そしてとりあえず作ったデッキがこちら


これでしばらくやってました。
号令無しのバラでやる場合、超絶騎馬、伏兵、妨害かダメ計は欲しいかなと。
義弘のチェストおおおお!は強いものの、士気結構使う割に2色はちょっと微妙かも?という感じでしたが、まだまだ橙のカードが無かったのでやむなし。
このときの流行りは春日、秀吉、項燕、郭嘉、ジョン万など。

その後ジョン万のせいで?亀寿が下方され、コンボ前提のカードとなり単発軽士気の計略としては使いづらい感じに。
義弘とコンボするくらいならチェストに士気回したほうがいいことが多いので。
で入れ替えたデッキがこちら

おまさの方にチェンジ
忍び槍はつえーですね
この辺で連環全く使ってないことに気づくんですが、伏兵は欲しいので続投。
しかし四十万石に上がったあたりで壁にぶち当たる。
このデッキ守りは義弘が強いんですが、大体走覇でしか城ダメが取れない。バラってそういうデッキやろて話なんですが、2色なのもあって士気貯めてフルコンされると止められないことが続く。
橙のカードもいくらか引けたので単色を考えてみたのがこちら

多分割と普通にやれるはずのデッキ。
しかし前までツートップで鉄馬に操作を集中してれば良かったのが今回は操作難度が高い…
ニ鉄感覚だと義弘のボディ活かせないし、槍は大事にしないとだしでかなり忙しかったです。
この頃郭嘉騎馬単が非常に多く、難しいし鉄重すぎで馬はやっぱ強めにしないとダメやな、となって考え直しです。
この辺から迷走が始まります。

強めの馬がいて、バラ向きで、義弘のボディを活かせるデッキ…
玄はどうか?

うん、弓もあるし良さげと思いきや
牛若丸はかなり可能性を感じたものの、マタムネが玄限定ということに空振りしてから気づくアホさ。

うーん義弘回復は悪くない気がするんだが…

負け続けて温まったので、一旦ガラッとデッキ変更。兵舎に居た嬴政でデッキを組んでみる。

かなり独特な立ち回りな上、守りが貧弱なのでまた負けまくる。
しかし少し慣れてきてやっと相性がいい相手には勝つものの、ここで進撃の巨人コラボ開始。
エレンが大流行で、陣形はクッソきつい環境になります。
これは今は無理だな…となり封印。

義弘回復で考えたときに、以前こんなデッキを使っていたことを思い出す。

鴨さんを孫乾で回復して居座り、攻城ないし走覇取って鴨で守るデッキです。気合や端攻めが強かった時代のデッキなので今の環境じゃ通じないとは思うけど、義弘のボディ活かすなら有りでは…

ん……、待てよ
もうそこまでするなら…

翠単で良くね?


鴨さん入れるなら巴でよくね?



義弘デッキ完成しました

負けすぎて頭沸いてるときに作った総知力的にも頭悪いデッキですが、何故かまあまあ勝てて六十万石に上がれました。
鴨さんで相手の号令ぶった斬るのが楽しいです。
武力が高いので対リヴァイにも比較的やれました。

ということで現在のメインデッキにたどり着くまでの変遷でした。
作成日時:2024/01/20 04:57
カテゴリ
碧軍デッキ
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア