646

戦祭り「桶狭間の戦い・風雲急」の感想

by
板尾の嫁
板尾の嫁

英傑大戦、初の特殊ルールイベント戦。
2陣営で異なる特殊ルールで戦う東西戦!

この2日目の土曜日に初参戦し、
貰える褒賞分を終わらせてきました。

とりあえずは個人の感想を書いていきます。

…の前に、まずは提言したい改善点を。


賭け札の受付時間、短過ぎィ!

体感ではあるんですが、相手のデッキを確認する前に、
「流派を選択して下さい(イケボ」
に切り替わっちゃうんス!
マッチング成立時の光るランプと主君名くらいしか
押す・押さないの判断ができないんス!

なんとかもうちょっと長くできませんか!?
なんて話を周りともやってました。ハイ。





8勝0敗でフィニッシュ。
戦功15000と他の戦目録をコンプできました。

戦功は賭け札をちゃんと賭けていれば、
もうちょっと早く終わってんですよね…

参戦軍のオッズについてはほぼ無頓着。
概ねボーナス狙いのオススメでやっていました。
ただ、夕方位は今川軍が×1.2倍だったので、
オススメで織田軍になるより自分で今川軍を選んだ方が、
手堅く戦功を増やせていたかも?


今回、デッキは織田軍と今川軍で1つずつ準備し、
おまかせで決まった方を選んで使う方式でプレイ。
(流石にデッキ登録の後に所属選択じゃなかったw)


織田軍は上の鉄砲盛り《掛かれ柴田》。

鉄砲盛りは戦目録の一つである
"鉄砲射撃100回"達成のためだったんですが、
正確には"射撃アクション100回"ではなく
"射撃100HIT"でOKだったので1戦で達成w

その後は鉄砲盛りにする必要がなかったんですが、
差替えるカードを持って行ってなかったので、
最後までこのデッキでやり切りました。

知力を盛りに盛った《掛かれ柴田》が良かったですw



今川軍は蒼玄2色弓兵盛りデッキ。今川軍とは

どちらの所属でも特殊ルールの2つを満たすべく、
全カードを戦国時代で固めるのが一番有効で、
高武力弓を1点に集めた時の火力はハンパなかったw

R羽柴秀長「なんかテキトーに流せたらなー」位の
ノリ採用ですが、織田側は知力+3だったので、
全く流せず専ら端攻城要員になっていましたw


「織田軍と今川軍でどっちが強い?」と聞かれたら、
個人的には今川軍だと思っています。

やっぱり力こそパワー。パワーこそ真理。
とにかく弓矢攻撃が強くて8枚悲哀とマッチした際、
1.0コスト弓兵がまとまって射貫いてくると、
こちらの高武力がガリガリ削られてヤバかったですw

織田軍側はSR松永久秀がいるか否かで変わる感じ。
知力12からの《平蜘蛛の釜》の威力は
最早《馬鹿の計》なしでやっていけるレベル。
それについては弓矢の火力と《御所への援軍》連打で
強引に突破してやりましたわwハハハw


戦祭り、褒賞目的のライトプレイヤーとしては、
個人的に適応したデッキを考えるのが楽しめたので、
結構良かったなぁと思っています。

問題は上位称号を狙っているランナーとしてはどうなのか?
以前の天下統一戦なんかと比較してみても、
リーグや勝利と敗北で得られる戦功の差が大きかったり、
そこに所属や賭け札と順位を左右する要素が増えたことで、
対戦以外のところの駆け引きで大変そうな印象。

もし今回上位称号を目指して走った方に対して、
完走した感想を投稿して貰ったりインタビューなんかで
聞いてみたいところではありますね。
作成日時:2023/01/22 01:52
カテゴリ
戦祭り
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア